建築費用や住宅ローンの予算の決め方

私は子供が生まれることがわかっていたので、そのアパートで子供と家族4人で暮らすことが難しくなったので、新築住宅を購入することに決めました。

とはいっても、私たちにはどれくらいの家が買えるのか全然わかっていなかったので、とりあえず近くのメガバンクの住宅ローンを扱う部署に相談に行きました。

私はすでに子供の面倒をみていたため、専業主婦。夫が会社員なので、夫のみの収入でどれくらいまで借りられるかを概算で出してもらいました。

そうすると私たちが思ってたより、意外と高めのお値段が借りられることがわかり嬉しかったのですが、家に帰ってから、私たちがすでに30代半ばで、このまま35年ローンを借りたら老後が潰れてしまう!と思いこの値段でローンは組めないという結論に至りました。

その後困ってしまったのですが、私たちはファイナンシャルプランナー兼不動産屋さんを発見して、そちらで私たちの家計でどれくらいのローンが組めるのか試算してもらいました。

私たちにはそれがとてもありがたかったです。

自分たちの入っている保険や、将来行きたい旅行、車は何年おきに買いたいかなどなんとなくでも決めなくはいけないのですが、それを決めるとどれくらいの値段が借りられるかパソコンで試算してくれるので、私たちはその値段ぐらいで結局家を買いました。

後から聞くと銀行は今できる限り借りて欲しいので、返せないくらいのお金も貸してくれるのだそうです。住宅ローンを組むときは、銀行ではなく第三者に試算してもらうと安心です。

お世話になってるサイト⇒新築失敗ブログ